夏休みの不思議体験。小学校高学年の記憶。あいつはいったい何だったのか?

>

とある夏休みの出来事です

今から何十年前、小学生頃の夏休みの出来事です。

友達1人と弟と私の3人で、地元の海(白浜中央海水浴場)に行った時の事。
その日は、親が仕事に行くついでにクルマで送ってもらう事になっていたので、海まで車で送ってもらいました。
着いたのが早かったこともあり、お昼過ぎ位には飽きていました。
親が迎えに来れるのは仕事が終わった後の為、3人で相談し自宅まで歩いて帰る事としました。
と言っても、自宅は「伊豆急下田」駅方向にある為そこそこの距離を歩きます。
子供の足で1時間~1時間半くらいでしょうか?!

国道沿い(海岸沿い)を通ると遠回りになり、歩道が無い箇所や交通量も多く危ない為、遠足などで何度か歩いた事のある旧道(山越)を通って帰る事にしました。

ルートはこんな感じです。


こんな感じで山の中を歩いて行きます。
※もちろん車も通れる道路です。
旧道は国道と違い、ほぼ車が走っていない為、道路が歩道の様な感じで歩けます。
車が来るときはエンジン音で分かるのでその時は端によけます。
※昔はハイブリッドなんて無いですからね。

道の途中で

木の枝でチャンバラごっこや石けりをしながら、順調に旧道を進みました。

元々見慣れた景色でしたが、さらに街に近づいたその時でした。

道路脇の上のほうから拳位の石が落ちてきました。
何だ!!と思い、道路脇を見上げると「いたんです」奴が!

記憶をたどると、推定身長170-180cm位。全身毛むくじゃら。パンダの様に白黒混ざりでした。
発見した時は直立で両腕を挙げていて、その手の先には肩幅くらいの石を持って、こっちに投げようとしていた所でした。

ビックリした私達は声を出し一目散に走りだし逃げたのでした。

ラフすぎますが

その時の状況はこんな感じです。
絵心が無くて申し訳ないです。


記憶を辿ってストビューで探しました。
私が「奴」を見たのはこの場所ですね!

もう何十年も前の話ですが、未だに覚えてます。
写真の右下に場所が表示されていると思うので気になる方は是非。
自己責任で!

0 件のコメント :

コメントを投稿