肋骨が痛い時にやってはいけない事!折れてなくても!

>

肋骨を痛めるまでの経緯 (*_*)


飲んだ帰り道、酔っぱらいが転倒し「肋骨打撲 全治3週間」と診断された私。



「肋骨 イラスト」の画像検索結果

肋骨の治療法は?

肋骨って、巷で聞くように。
ヒビが入ってても折れてても(臓器に刺さっているとかは除く)、何もできないんですね~。
安静にしながら、固定するか湿布(結構効きます)するか位なもんで(*´з`)

症状により痛い期間が短いか長いか…ですって、肋骨って厄介ですね。

治るまでにやってはいけない事、やると痛い事。

で、打撲をした私が日常時、うっかりやってしまう注意しないといけない!
事を紹介します!

  1. 勿論ですけど走らない、運動をしない!
  2. 辛い物を食べない!
  3. 熱い物を食べない!ラーメンをすする時なんかは危険!
  4. マスクをする!花粉症や風邪の予防!
  5. お笑い番組・ギャグマンガを見ない!
  6. 深呼吸をしない!
  7. 炭酸を飲まない、飲み過ぎない!

とまぁ7つ位ですかね~いまの所…。
食事関係は注文した後に気付くので、時すでに遅し。

打撲でも十分痛い、治るのにも時間が掛かる。


肋骨打撲(骨折やヒビでなくても)でも、咳き、クシャミ、深呼吸、痛い側の腕を動かす、寝返りなどでも、十分痛いですね!

自己診断では折れてるか、ヒビが入っているか!?と思うくらいでした!

回復にも最低3週間との事なんで、侮れませんよ!

上記、7つ以外で私が個人的に一番注意しない行けない事は!

当然(飲み過ぎない)事ですね。

肋骨が痛い時の対応

  1. 私のように転倒などの外的要因で痛くなった時は整形外科へ
  2. 外的要因が無くて痛くなった時は内科や掛かり付けのお医者さんへ
  3. ネットで色々調べるのもありですが、不安になる事が多いので気になった場合は一度お医者さんへ。※科が違った場合等は教えてくれます。
  4. 肋骨へのダメージ(痛みが伴うくらいの症状)は簡単には取れません。打撲でも最低3週間位は掛かります。※ドクターより
  5. 打撲・骨折・ヒビ等の回復は安静にしている事が前提ですので、動きを伴う仕事をしながらとかの場合長くなります。
  6. 治療方法は基本的に湿布か固定。(臓器にダメージが無い場合)
  7. 私の痛みが完全にとれたのは、怪我から約1ヶ月半経過した頃。

そんなところです!

私自身、約1週間様子を見て診察に行きました。
ご参考までに。


追記
ケガをしてから約2週間でだんだん痛みは取れて(落ち着いて)きました!
ケガをしてから1週間後に病院に行き、その時に処方された医療用の湿布を診察後は毎日貼ってました。
医療用の湿布を貼ると市販の湿布の物より随分痛みが変わります。

痛みがあまり長く続くようなら、やはり早めの診察がおススメです!

0 件のコメント :

コメントを投稿