スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

酉の市 酉の市と言えば熊手!

酉の市 今年も行って参りました。
酉の市!




酉の市って? 酉の市は、鷺神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られる。
また、大阪府堺市の大鳥大社、愛知県名古屋市の稲園山七寺(大須七寺、長福寺)など関東地方以外でも行われる。多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭の賑わいは、年末の風物詩である。
鷲神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される。 関東地方では鷺宮神社(埼玉県久喜市)が鷲神社の本社とされる。 同社の祭神は、天穂日命、武夷鳥命、大己貴命である。日本武尊が東征の際、同社で戦勝を祈願したとされる。 古くからこの神社を中心に「酉の日精進」の信仰が広まり、12月の初酉の日には大酉祭が行われる。
江戸時代には、武蔵国南足立群花又村(現・東京都足立区 花畑)にある大鷺神社(鷲大明神)が栄え、「本酉」と言われた。 この花又鷲大明神を産土神とする近在住民の収穫祭が、江戸酉の市の発祥とされる。 現在の同社の祭神は日本武尊で、東征からの帰還の際、同地で戦勝を祝したとされる。 江戸時代には、花又の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗った釈迦とされた。 この神社の酉の市は、15世紀初めの応永年間に始まるとされ、参詣人は、鶏を献納して開運を祈り、祭が終了した後浅草観音堂前(浅草寺)に献納した鶏を放った。
江戸時代後期から、最も著名な酉の市は、浅草の鷺神社(台東区)(おおとりじんじゃ)と酉の寺 長國寺(とりのてら ちょうこくじ)境内で行われた酉の市である。 江戸時代には浅草の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗る妙見菩薩とされた。 「現在の足立区花畑の大鷺神社を「上酉、本酉」、千住にある勝専寺を「中酉」、浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの3カ所であった。 幕末には巣鴨、雑司ヶ谷などの大鳥神社でも酉の市が開催されるようになる。 明治時代になると千住・勝専寺の酉の市は閉鎖されたが、江戸時代から続く酉の市はいくつかあり現在も賑わっている。
浅草の鷺神社(台東区)と酉の寺 長國寺の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。  規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人~80…

キズパワーパッド!転んだ時の傷、ちょっと深い傷にバンドエイド、キズパワーパッド!

バンドエイドキズパワーパッド 10月24日から25日へと日付が変わって間もなく、
一人一本背負いをかまし、手と肋骨を負傷した私。

過去記事がこちら
   ↓
飲んだら乗るな!は当たり前! 飲んだら走るな!という教訓…

その時に大変お世話になったのが、
ジョンソンエンドジョンソンから発売されている
「バンドエイド キズパワーパッド」


酔っ払いが走ろうと思ったところで転倒したので、
かなり勢いよく転がりました。

その時の手のひらのダメージがこちら
ほぼ一点で受けた為結構深かったです。
酔っぱらっていても痛かったのは覚えてますよ…





この時既にキズパワーパッド5枚目に突入していました。
最初大きめサイズを使っていたんですが、
思いのほか傷が深く1日でオーバーフローするので、
ジャンボサイズを買ってきました!



ジャンボサイズは3枚しか入っていないのに良いお値段!でしたが、
サイズが大きいので安心感があります。

ひどい状態でも1枚で2.3日は使えました。




さっきも言いましたが、キズパワーパッドはそこそこいいお値段!
貼り方を失敗すると勿体ないのでしっかり貼りましょう!


バンドエイド ホームぺージへ
凄いよバンドエイド・キズパワーパッドの凄いところ(3つの特徴)

1.キズを早く治す
 皮膚の回復に適した環境を整える体液を保つのでキズが早く治る


2.キズ跡を残さずキレイに治す  キズあとが残る原因になりやすいカサブタをつくらないのでキレイに治る

3.痛みをやわらげる  痛みの原因となる炎症や、乾燥によって起こる神経への刺激をおさえるので、キズの痛みがやわらぐ


キズパワーパッドは普通の絆創膏と使い方が違うので注意が必要です!
私も途中まで気付きませんでした(笑)


・キズパワーパッドの使い方

1.キズ口を洗う
 水道の流水で、異物やバイ菌を洗い流す
※消毒液やクリーム等は使いません



2.キズを観察して適切な処置を
 清潔なタオルやティッシュペーパーで水気を取ります。出血がある場合は止血します
 キズより一回り大きいキズパワーパッドを用意します。切って使わない事
※粘着力を高め、はがれにくくするために、キズ口と周辺の皮膚の水分等は良くふき取る。個別の包装から取り出したら1分ほど両手で温める。
(冷えていると硬くて粘着力があまりありません)



3.潤いを保ってキズ口を守る
 体液が乾いてかさぶたになってしまわない…