非正社員が働き手に占める割合は過去最高水準も年収200万以下が75%!!どうやって生活せいっちゅうんだ!!

>

嘘だろ…

とある日の事。

ネットを開くと、非正規社員の年収200万以下が75%以上!!

「嘘だろ!!」と声が出てしまいました…



年収200万と言ったら、月17万に満たない。

週休二日制で労働時間8時間と考えて一日 約7,500円。

まともに働いても

まともに働いて月17万円に満たず、生活も儘ならない。
一見 月17万あれば余裕に見えたりしますが。

給料 月170,000円

東京の西の方の家賃だとして、1K 月40,000円 健康保険や年金・住民税など色々合わせて税金保険関係で多分月40,000円位?

既に残り90,000円

そこから、電気・ガス・水道で月10,000円
ネットや携帯で月10,000円
もう残り 70,000円

そして一日の食費を一食500円として三食1,500円で考えても、最低で約45,000円
すると 残り25,000円

若いうちに考える人は少ないと思いますが、生命保険などの加入。
賃貸物件なら2年毎の賃貸契約の更新料や火災保険料支払いの為の貯蓄。

などなど考えると、ほぼ自由に使えるお金はありません。

そして気になる

そう生活保護!

私自身、生活保護制度に対するクレームは一切ないです。
本当に困っている人はぜひ助けて欲しいと思っています。

ただね、週5日まともに働いている人の方が貧しい生活を送らないと生きていけない世の中には不満です。


ではでは、気になる生活保護費を見てみましょう。

大体の金額ですので参考程度に。

単身の場合



東京都で大体13万位ですね。
年金や保険、税金を考えれば+40,000円位と考えてほぼ働いている金額と変わらず、
また医療費も負担しなくて良いので若干、働くより良いかもしれません。

夫婦の場合



大体18万位です。
流石にこのケースは普通に働いている(共働き)パターンの方がゆとりがあります。

母子世帯



母子世帯は約20万円

うちの奥さんも準社員として働いていますが週5日はたらいて、手取りで13万いかないくらい。
この表を見ると離婚して別々に暮らしたほうが、ひょっとして楽なんじゃないかと思ってしまいます(笑)

家族4人



普通の4人家族
東京都で言えば27万円
税金関係を顧慮すると約月40万に匹敵する収入!!

我が家の場合、世帯収入で考えれば上回っていますが、私一人で考えればどっこいどっこいです。

んで、なにが言いたいかって!

もう大体出てるんですが、単身でも最低、月20万手取りで貰わないと東京では普通に暮らせないという事です。

なんで最低賃金を手取りで20万以上(年間給料額面300万以上)でないとダメとかに規制をしてほしいですね~
勿論、真面目に働いている人とか、そういった線引きは必要だと思いますが。

民主主義らしく働けば働くほど儲かるシステムに戻してほしいもんです。

0 件のコメント :

コメントを投稿